So-net無料ブログ作成
検索選択

【こども】エコルールを教える 地下資源はノー 素材で選ぶ買い物(産経新聞)

 「エコルール」というと環境に配慮した細かな決まり事を想像する。しかし、エコ先進国・スウェーデンでは、子供から大人までごく簡単なルールでエコな暮らしを楽しんでいる。家庭やオフィスから出るゴミのリサイクル率は97%に上り、環境教育は義務教育の根幹にすえられている。地球温暖化が進む中、子供への環境教育の普及が急務だ。(日出間和貴)

 ◆たった2つの理念で

 「環境のための活動はスポーツと共通している。繰り返すことで上達し、自然にできるようになる」

 スウェーデン出身の環境コンサルタント、ペオ・エクベリさんはエコ活動をスポーツに例える。「1カ月に出るゴミの量がサッカーボール1個分」。一見、マジックのような話だが、コンポスト(堆肥(たいひ)化容器)を使ってゴミを資源化、さらに衣食住の工夫によってなせる業だ。

 日本暮らしが18年になるエクベリさんは、両国のエコ意識のギャップを痛感している。「日本では感覚だけでエコに取り組んでいる人が多く、生き方の一つとしてなじんでいない。地球環境に対するホリスティック(包括的)な考え方が必要」と話す。

 エクベリさんのエコに対する理念はシンプルで小学生でも理解でき、子供へのエコ教育として活用できる。(1)地球を地下と地上に大別し、地下資源から作られる製品を避け、地上にある資源を使う(2)使用後は資源として地球に還元する−という考え方だ。この2つを頭に入れておけば、地球環境へのまなざしと行動は劇的に変化するという。

 最も身近にエコルールを学べる場は買い物だ。商品の素材や包装をチェックし、地下資源と地上の資源のどちらを使っているかで買うべき商品を判断する。また、家庭から出るゴミの重さを毎日計測するだけでも達成感を得られやすい。

 ◆言葉より実行

 二酸化炭素(CO2)の排出をどれだけ削減できるかを紹介した環境省の「こども環境白書2010」も“教材”として使える。例えば、シャワーの使用時間を1日1分短くすると74グラムの削減効果があり、冷房の設定温度を26度から2度上げることで1日83グラムの削減が期待できる。毎日の行動を「ECO日記」に記すことで、遊び感覚のエコライフが継続して楽しめる。

 世界基準のエコ生活を実現するための「スウェーデン・エコスマート講座」(ヒューマンアカデミー制作)を開くエクベリさんは「どこの国でも子供は大人の言うことを聞きたがらない。ところが、大人が実行することはまねて実行しようとする。世界中、どこに行っても日本製があふれる中、日本が変われば世界は変わる」と訴える。環境教育の普及は大人の取り組み方にかかっている。

                   ◇

 ■『環境コンシェルジュ』が必要に

 家庭やオフィスで、いざ環境対策を進めようとしても、日本では総合的にアドバイスしてくれる専門家はかぎられている。

 東大の小宮山宏前総長は、自宅の照明をすべて省エネタイプに取り換えようと思った際、親身になって相談してもらえる相手がいなかったことを、『低炭素社会』(幻冬舎新書)で嘆いている。そのうえで、消費者と工事業者とをつなぎ、環境対策の進め方を専門的に理解する『環境コンシェルジュ』のような人材がこれからの日本に必要だ、と強調する。

マンモ検診の無料クーポン券を発行−対がん協会(医療介護CBニュース)
<東北厚生局>職員が開示文書改ざん 情報公開法に抵触も(毎日新聞)
民主・小林衆院議員、国会閉会後の辞職を表明(読売新聞)
<菅首相>郵政改革法案の早期成立を亀井担当相と確認(毎日新聞)
<与党>所信表明演説11日を提案 国対委員長会談(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(3) 

nice! 0

コメント 1

しぃちゃん

ち ん ぽ 貸 し た ら 10 万 く れ た
http://yahoosearch.me/ent/56b5941/
by しぃちゃん (2010-07-09 12:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。